寺岡ゼミナール公式WEBサイト Space16Organization Space16住所登録・変更フォーム Space16Student_Login
Space16同窓会エントリー Space16Graduate_Login
    Space16Fusikai_Login
       

Space_16Space_16Space_16Space_16Space_16
 


風獅会




<< 横浜美術館&横須賀美術館 | main | 美術館の企画、大歓迎 >>
名都美術館&古川美術館
【日時】2013/12/15(日) 10:00〜18:00

【参加者】寺岡教授 6期_河崎 11期_牛田

【目的地】名都美術館(長久手) 古川美術館(千種)

【みどころ】
両館とも財団が運営

【名都美術館】
寒い日であった。
河崎さんは3日酔いの中での参戦となったがやはり彼女の存在感は大きい。
彼女の参加は3Mの会の祈願でもあった。

1館目の名都美術館には堀文子さんの作品が沢山貯蔵されていた。
一同、ただそれだけで幸せな気分になる。



【古川美術館 分館 爲三郎記念館】
古川美術館の感想はさておき、建築好きの我々を魅了したのは分館の爲三郎記念館であった。
数寄屋造りの母屋や茶室など、千種の町中にこのような場所があったとは驚きである。

が、真横には高層マンションがニョキニョキと顔をだしている。





帰りは御器所のカフェKAZANでお茶をする。
贅沢な一日であった事を実感し帰路につく。

【キーワード】
低エネルギー全盛期時代の対応法とは?
腸内細菌 2:6:2
自然の価値のパイプ役
価値を生み出すもの
5ビスケット
食事は楽しく食べよう

牛田備忘録
牛田さん、毎回の備忘録作成、感謝しております。また、企画します。
寺岡 | 2013/12/20 12:33
堀文子さんの作品で日本画のファンとなった私としては、今回の堀文子展は印象に残りました。牛田さん、河崎さん、改めてありがとうございました。来年もよろしく。
寺岡追伸 | 2013/12/26 12:31
COMMENT









Trackback URL
http://fusikai.teraoka-zemi.com/trackback/9
TRACKBACK